困っていることとウォーターサーバー
ホーム > > ゴルフスイングに対する考え方

ゴルフスイングに対する考え方

ゴルフはスイングに対する考え方が間違っていれば、身体もそれにしたがって動くのだから、練習をするほど悪いスイングを身につけることになってしまいますね。
例えば、インパクトで腰が引けて右に体重が残っているアマチュアゴルファーがいるのかと思えば、反対にターゲット方向に腰を突き出しているような人もいます。
このようになるのは、ダウンスイングは左腰からと間違って意味を受け取り、いきなり腰を回そうとしているからです。
そうではなく、左腰を構えた位置に戻すということであって、それを右から左に軸足を移す前にいきなり腰を回そうとするから腰が引けてしまって、右に体重が残ってしまうわけです。
このことはPGAゴルファー 上田栄民の方向性を失わない飛距離アップの動画教材でも述べられていますが、左足を踏み込みながら腕を振り、それから身体を回すことです。
ダウンスイングで左に左膝は動いていますが、腰まで一緒に動いているわけではありません。
バックスングで左腰がやや中に入ってきているので、左に少しだけ動いた感じはありますが、構えた位置よりも左には出ていません。
ダウンスイングに入る瞬間からインパクトまでのプロのスイングを見てみると、左膝より腰は後ろになっていることが分かると思います。腰は構えた位置でインパクトしています。